2006年12月05日

住宅ローンの返済

住宅ローンを返済するには、この2種類=“元利均等返済”と“元金均等返済”です

もっとも一般的なものは元利均等返済で、多くの住宅ローンで採用しています

元利均等返済は、毎月の返済金額が一定であるため非常にわかりやすいのですが、ローンの返済当初は返済額の多くが利息の返済に充てられてしまい、元金が減るペースが遅いというデメリットがあります。

その一方元金均等返済とは、返済回数に合わせて元金をまず分割し、それに利息を上乗せして返済していく方法です。

この返済法だと毎月返済額が変化するためわかりづらいし、、また返済当初の返済額が相当に大きくなるというデメリットがあります。

が、総返済額は元利均等返済よりも少なくてすむという大きなメリットがあるわけです。

ただし、この元金均等返済の方法を選択できるローンはあまり多くありません。

どちらが自分に向いているかと交渉しだいといったところでしょうか?
posted by ショッパー at 11:54| Comment(1) | TrackBack(1) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
私の方もTBさせて頂きました。
宜しくお願い致します。

住宅ローン、家計の重荷ですよね。
仰るとおりで、
元金均等方式を採用している住宅ローンは
極めて少ないと思いますし、
私自身お目にかかったことはありません。

通常は、事業資金として借りることができる
保証協会付き融資は元金均等が採用されています。

ですから、店舗併用住宅などを建てたいという人は、
住宅部分は住宅ローン、
店舗部分を保証協会付き融資、
と分けて利用する方もいますよね。

今後とも情報交換できれば幸いです。
Posted by 店主 at 2006年12月05日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

保険の契約は安易なものではない
Excerpt: 兎角・・・ 保険会社や代理店の窓口に行けば、 保険なんてすぐにでも入れる。 と思っている人が多いと思います。 これは、大間違い! 保険の契約には、それなりに準備が必要です。 自..
Weblog: 保険代理店プロデュース・ワン〜活動日誌〜
Tracked: 2006-12-05 16:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。